未経験者歓迎バイトの落とし穴

それブラックバイトかも?「未経験歓迎」は要注意!

「未経験歓迎バイトの落とし穴」を立ち上げたワケ

Pick Up

ユニオンに集まる熱い期待

ユニオンに集まる熱い期待

ブラックバイト被害にあう学生が増えつつある中、ブラックバイトの悩み相談や解決支援を行う労働組合「ブラックバイトユニオン」に熱い期待がよせられています。アルバイト労働者の強い味方となるであろう「ブラックバイトユニオン」の概要をご紹介します。

このサイトを立ち上げたきっかけ

「アルバイトは給料が安い分、責任も少なく、与えられる仕事も簡単だ」と考えている人は多いのではないでしょうか。すこし前までは本当にそうだったかもしれません。しかし、現在はアルバイトであっても正社員並みの仕事を与えられることがあります。それでいて、最低賃金を下回る時給をさらに罰金と称して減らされたり、セクハラやパワハラなどの被害に遭うことも多いのです。もちろん、すべてのアルバイトがそうだとは言いませんが、こうした「ブラック企業」ならぬ「ブラックバイト」がたくさんある、というのが現状です。

ブラックバイトの実情

現在の学生アルバイトの状況を、例え話で説明しましょう。
大学生のA君は仕送りが減ったことから、すこしでも生活の足しにしようとバイトを始めました。これといって自慢できるような特技も無かったため、「未経験歓迎」という簡単な仕事を探し、その中でも時給が良いものを選んだのですが、これが大失敗でした。実際に働き始めると、説明にあったような簡単な仕事ではなく、しかもすぐに「バイトリーダー」と呼ばれて正社員と同じレベルの仕事をまかされるようになってしまったのです。週に3~4回程度という約束も無視され、ほぼ毎日のように出勤を強制されました。何度も頼み込んで、テストの日だけはなんとか休ませてもらいましたが、勉強をする時間がありませんでしたから、結果はボロボロです。さらに、5分の遅刻でも罰金として1時間分時給を減らされますから、気が休まる日はありません。こうなるともう大学どころではなく、生活のすべてがバイト中心になっていきました……。あまりにもひどすぎて信じてもらえないかもしれませんが、このようなバイトは本当に存在するのです。

このサイトを立ち上げたきっかけ

このサイトを立ち上げた理由

実は私もこのような悪質なバイトにひっかかりました。今から考えればおかしなことばかりだったのですが、その頃は「最近はどこもこんなもの」「どこにバイトに行っても同じ」という言葉をすっかり信じ込まされていたのです。また、別のバイトをしていた友人たちも「むりやりお中元を買わされた」などと嘆いていたため、そういうものかとあきらめてしまった部分もあります。しかし、大学を卒業して就職したことで、それがいかにおかしかったかを知ることができました。そしてそれをなんとか多くの人に伝えたいと思っていたのですが、ちょうどその頃、後輩から「ひどいバイトで苦しんでいる」という相談を受けたことがきっかけとなり、このようなブラックバイトに関する情報サイトを立ち上げたのです。
この現状を変える、つまりブラックバイトをすぐに無くすのは難しいです。しかし、そうしたバイトを見分けて、関わらないようにすることは今すぐにできます。そこで、このサイトではみなさんにブラックバイトの特徴や気をつけるべきポイント、怪しい仕事の見分け方などの情報を伝えていきます。このサイトの情報でブラックバイトにつかまる人がすこしでも減ってくれればうれしいです。
お問い合わせ<black-job@outlook.jp>