未経験者歓迎バイトの落とし穴

それブラックバイトかも?「未経験歓迎」は要注意!

学生がブラックバイトの餌食にならないために

Pick Up

ユニオンに集まる熱い期待

ユニオンに集まる熱い期待

ブラックバイト被害にあう学生が増えつつある中、ブラックバイトの悩み相談や解決支援を行う労働組合「ブラックバイトユニオン」に熱い期待がよせられています。アルバイト労働者の強い味方となるであろう「ブラックバイトユニオン」の概要をご紹介します。

追い詰められる学生たち

ブラックバイトの増加は、その被害に遭う学生の増加も意味しています。違法に近い、あるいは本当に違法な扱いを受けながら、それでも辞めることのできない彼らは、精神的にも肉体的にも追い詰められています。その実例を見てみましょう。

実際の事例

ブラックバイトに苦しめられている学生の声は悲惨なものばかりです。名目上シフトはあっても、それを無視して毎日のように勤務を命じられる、というのはよくある話で、夜中や講義の最中でも突然「今から来て」と呼び出されることもあるようです。こんな状況で、日々の勉強を続けることは困難です。せめてテスト期間ぐらいは、と頼み込んでも聞いてもらえず、テスト勉強ができなかっただけでなく、テストそのものまで受けられなかった、という学生もいます。働く日や時間が決まっていなければ、講義以外のこと、つまりゼミやサークルなどでの活動も難しくなります。
これでは、なんのために大学に入ったのかわかりません。また、賃金に関する話では、本来の仕事の時給はそれなりに良くても、それ以外の仕事をただでさせられるために、実際に働いた時間を考えると割に合わなくなる、というパターンもあります。たとえば塾講師のバイトでは、授業前の準備や授業後の報告書作りなどに時間がかかることが多く、ここで時給がもらえないとかなり損をしてしまいます。それだけならまだ良い方で、生徒に年賀状を書かされたり、教室の掃除をさせられたりと授業とは関係ない仕事をさせられたにも関わらず、やはり残業代など特別な手当は一切もらえない、という塾もあったそうです。このような状況で稼ぐためには、自分から勤務時間を増やすしかありません。その分、大学生活に使える時間は減ってしまうわけです。

追い詰められる学生たち

「辞める」という逃げ場も無い

そんなに大変なら辞めてしまえばいい、と思う人もいるでしょう。しかし、すこしでも人手を増やすためにさまざまな手段を講じているブラックバイトが、今働いている人間をそう簡単に手放すことはありません。まずは「ここを辞めたらどこも雇ってくれない」「どうせ次の所も今と同じ」という、退職をあきらめさせるための説得から始まり、それは次第に「どうしても辞めたければ、代わりの人間を連れてこい」という脅しへと変わっていきます。ひどい時には暴力を振るわれることもあり、極端な例では「家に押しかけてきた社員に損害賠償金を払えと脅された」という報告もあります。そして、たとえバイト先からの脅しが無くても、「辞めたくない」と考える学生も多いのです。比較的多いのは経済的な理由です。バイトをしなければ生活ができない、という状況では、次のバイト先の準備が無ければ、簡単には辞められません。ところが、今は自由な時間の多いフリーターという強敵がいますから、何十回もバイトの面接に行っても採用してもらえない、ということも少なくありません。それ以外にも、新しい職場で働き方を学びなおしたり、人間関係を再構築したりするのは無理だと考えてしまい、辞めようとしないケースも多いようです。