未経験者歓迎バイトの落とし穴

それブラックバイトかも?「未経験歓迎」は要注意!

「ブラックバイトユニオン」とは?

Pick Up

ユニオンに集まる熱い期待

ユニオンに集まる熱い期待

ブラックバイト被害にあう学生が増えつつある中、ブラックバイトの悩み相談や解決支援を行う労働組合「ブラックバイトユニオン」に熱い期待がよせられています。アルバイト労働者の強い味方となるであろう「ブラックバイトユニオン」の概要をご紹介します。

ユニオンに集まる熱い期待

学生バイトの多くは、たとえバイト先で違法な扱いを受けても、どう対処して良いのかわかりません。また、そもそもそうした知識が無く、それが違法だと気付かないこともあります。そんな彼らの手助けをするために、「ブラックバイトユニオン」という労働組合が結成されました。この組織と、その活動内容はどんなものなのでしょうか。

ブラックバイトユニオンとは

「ブラックバイトユニオン」は、若者から労働に関する相談を受けているNPO「POSSE」の有志が2014年に結成した組織です。

ブラックバイトユニオンでブラックバイト対策を検索

「ブラック企業対策ユニオン(現在は総合サポートユニオン)」のブラックバイト支部という扱いであり、どちらも「ブラック企業対策プロジェクト」の参加団体として、労働問題専門の弁護士による「ブラック企業被害対策弁護団」のサポートを受けています。

ユニオンに集まる熱い期待

具体的な活動内容

ブラックバイトユニオンはブラックバイトに悩んでいる学生などの労働者から相談を受け付けています。相談された問題の解決のために、現在の状況整理や証拠集め、団体交渉、他の相談機関への紹介などの支援を行う、というのが労働者向けの直接的な活動です。また、セミナーなどのイベントも開催しています。
不特定多数に向けた活動としては、現在のブラックバイトの実態を弁護士や研究者の協力を得て調査し、その結果を発信する、ということを行っています。自分のバイト先はおかしい、と気付いていない学生も多いですから、これは重要な活動でしょう。現在バイトをしている、またはこれからバイトをしようとしている学生に対する活動として、労働法など大切な知識の学習の場を作る、ということも考えられています。労働に関する法律の知識が無く、権利を主張する方法も知らないということが理不尽な指示にしたがってしまう原因の一つですから、ブラックバイトの被害者を減らすためには有効な手段として期待できます。

役に立つ事例集や解決事例

ブラックバイトユニオンの公式サイトには、寄せられた相談をまとめた「ブラックバイトの事例集」と「解決事例」があります。まず「事例集」を読んで自分のバイトがそこにあてはまるか考えましょう。面倒なら、先に「ブラック度チェック」をしてみてもかまいません。もしブラックバイトだと感じたら、「解決事例」を読んで解決方法を考えてみましょう。多くの場合、証拠集めという作業が必要になりますが、どんな物を集めたら良いかは「証拠集めノウハウ」にまとめられています。これらの情報を見て、とても自分一人ではブラックバイトに対抗できそうにないと思ったなら、もちろんブラックバイトユニオンに直接相談して、支援してもらうことも可能です。また、「労働法クイズ」というコーナーでは、ブラックバイトでありがちな違法行為について知ることができますから、これも目を通しておくと良いでしょう。