未経験者歓迎バイトの落とし穴

それブラックバイトかも?「未経験歓迎」は要注意!

ブラックバイトに多い募集キーワードとは?

Pick Up

ユニオンに集まる熱い期待

ユニオンに集まる熱い期待

ブラックバイト被害にあう学生が増えつつある中、ブラックバイトの悩み相談や解決支援を行う労働組合「ブラックバイトユニオン」に熱い期待がよせられています。アルバイト労働者の強い味方となるであろう「ブラックバイトユニオン」の概要をご紹介します。

要注意な募集時のキーワード

これまで、「未経験者歓迎」「高収入」という言葉で誘うバイトには、「ブラック」なものが多いということを見てきました。このようなキーワードは他にも存在します。もちろん、「未経験者歓迎」「高収入」と同じように、そのキーワードを正しい意味や目的で使っているバイトもありますが、ある程度の目安にはなります。求人情報を見る時には、次のようなキーワードにも気をつけてください。

常時募集

「常時募集と書いてあるから、自分でも簡単に雇ってくれそうだ」と思ってしまいがちなこのキーワード、実はかなりわかりやすいNGワードです。たとえば次々と店舗を増やしていて、いくら人を増やしても全然たりない、といったことであれば良いのですが、こうした所はそう多くはありません。実際には、「次々と人が辞めてしまうので、常に人を入れていかないといけない」所がほとんどです。しかも、定期的に募集しても「辞める人の数に追いつくほど新しい人が来てくれない」から「常時」募集になっているのです。ですから、「常時募集なら簡単に雇ってくれるだろう」という考えはある意味正しいです。ほとんどの人は、高い確率で雇ってもらえるでしょう。しかし、その瞬間から「常に人手がたりないのに、なかなか補充されない」職場で働くことになってしまうのです。それを考えれば、いかにこの言葉が恐ろしいかがわかるでしょう。

要注意な募集時のキーワード

オープニングスタッフ

「未経験者歓迎」という言葉とセットで使われることが多いキーワードです。明らかに経験者でなければできないような仕事が「未経験者歓迎」なら警戒しますが、「オープニングスタッフだから未経験でも大丈夫」という説明はある程度説得力があります。また、先輩後輩という関係を嫌う人にとっては、全員が同じ所から始まる、という点で魅力的でしょう。しかし、そうした「たぶん大丈夫だろう」という推測や、「先輩のいない職場って楽そう」という気持ちを逆に利用して、実際には店名変更や一部改装にすぎないのにこの言葉を使う場合があります。確かに、それでも一応、新装開店とは言えるでしょう。
しかし、こんな風に「人を騙すようなやり方をしないといけない」ということは、「そうしなければ人が集まらない」所だと告白しているようなものです。

即戦力、成長

この二つもセットで使われやすい、かなり危険な言葉です。本来なら戦力になるはずの先輩がすぐに辞めていってしまえば、誰でも「即戦力になれる」のは当たり前です。無理矢理「即、戦力にされる」と見るのが正しいでしょう。また、「成長を感じられる」「成長できる」という表現も、「過酷な労働に耐えられるようになる」ということを示す場合がほとんどです。この「成長」という言葉に関してはまだフォローしようがありますが、「まともな職場で、未経験の新人がいきなり即戦力になれる」という状況はまずありえないでしょう。したがって、「即戦力」の文字を見たらなるべく避けるのが正解と思われます。